本来のあなた自身に戻ること
-薬剤師の私が美腸アドバイザー、美腸エステ®︎認定セラピストになったわけ-

家族や親戚が認知症を患い、本人や 家族の 辛さ、大変さを 身にしみて感じました。

人生100年時代と言います。
誰もが認知症を患う可能性が大きくなってきます。

私は、家族の認知症の症状を軽減するために、また、どうしたらかからずに予防できるのかを必死になって調べました。

また私たち夫婦は子供がいないので、自分たち自身が認知症になるということは本当に避けたいと思っていました。

わかったのは、認知症は薬では治せないということ。

予防が大切だということ。

予防するために何より大切なのは、腸の健康 と 食事 と運動、そして睡眠でした。

特に腸の健康と食事が大きな影響を持ちます。

一般社団法人日本美腸協会の美腸エイジング®️(腸もみ)に出会ったのはそんな時でした。

便秘外来の看護師だった日本美腸協会 代表理事の小野咲(おのさき)さんが考案された12行程の腸もみの技術。

腸もみによる手当てはただ触るということでなく、触ることによりカラダだけでなく心も癒していく効果がありました。

腸もみを始めてわかったのは、痛くなくリラックス効果がとても大きいこと、しかも心も明るくなる効果があること、そしてとても喜ばれるということでした。

そして、アメリカの最新の栄養学をアメリカ人の自然療法医から学ぶという貴重な機会を得ることができました。

バーチャルヘルスコーチ養成講座には、医師や歯科医師、救急医師、看護師、薬剤師など医療関係の資格を持つ方々もかなりたくさん参加されていました。

このバーチャルヘルスコーチ養成講座の知識の中心には、クリアプログラムという体の中をきれいにすることにより病気にかかりにくい体を作る方法があります。

アーユルヴェーダも、自身の本来の治癒力を発揮するために、体を浄化する方法が中心にある、インド伝統の自然医学です。

食事法や運動や生活習慣に関する知識がたくさん含まれています。

私は薬剤師としてお客様に医薬品を販売するなかで、アーユルヴェーダのお白湯健康法をお教えしたり、
分子栄養学の知識からお店の商品をご紹介していました。

実践した方からはビックリするような体調が改善する例を何度も何度も伺ってきました。

このことから、毎日口に入れる食べ物が真に大切だということを痛感いたしました。

「人は幸せになるために生まれてきました!」
意識を基盤とするアーユルヴェーダであるマハリシアーユルヴェーダを教えてくださった、マハリシ・マヘッシ・ヨーギーの言葉にとても励まされました。

健康がすべての基盤です。
私はパワフルでハッピーな毎日を創造し、健康寿命と平均寿命を限りなく近づけるために!

特に”脳の健康、認知症にかかりにくい体作り”のために力を注いでいます。

美腸エイジング®︎(腸もみ)やさまざまな脳と体のクリアプログラムにより、たまっていた老廃物をより早く取り除き、消化器、特に腸の機能を本来の状態に戻します。

また、自分で出来る腸もみ&腸ストレッチやお白湯メソッドなどのセルフケアによって、

生活習慣の改善がスムーズに進むように、あなたのそばで伴走させていただきたいと思います。

アクセス・バーズという頭部にある32個のポイントを優しく触るテクニックにより、脳を整えましょう。

ちょうど、パソコンの中にいつの間にか溜まってしまった必要のないデータを、ボタンを押すだけで削除すれば、パソコンがとてもスムーズに動いて
快適に作業ができるようになるように、

アクセス・バーズのセッションを1時間〜1時間半受けると、
脳の中がクリアリングされます。
気分が軽くなって、カラダも軽くなります。

たった1日でアクセス・バーズは習得でき、家族やお客様にセッションが
できるようになりますので、

興味のある方はぜひ学んでいただいて、パートナーやお子様や周りのお友達に
してあげてください。

あなたの毎日の生活が、
本来の生き生きとパワフルで美腸でハッピーな日々になりますように

ブリスフルママ オーナーセラピスト  安藤 みはる